ああムジョ―

かのした といいます。農学部からのIT業界。作ったWebアプリの紹介とか、IT転職のこととか、将来どうやってお金を得ていくかとか、そんなことを記事にしていきます。

ちなみにTwitterやってます↓

ITエンジニアを志すうえで選んではいけない会社 3選

f:id:zyohnbike:20170718224308p:plain

 

こんばんはかのしたです

 IT業界未経験だと、どんな会社が良いか悪いかなんてよくわからないですよね。よくわからないからとりあえず大きい会社入ってみたら、失敗だったなんてことも多い業界です。僕もそうですね。会社の規模で良し悪しが決まらない業界ですから。

 

今回の選択基準としては、ホワイトかブラックかといったものではありません。IT技術者としての将来を考えた上で、一番最初に入るには絶対に間違っている、と言い切れる仕事内容の会社を紹介します。

 

 

絶対に入ってはいけない会社3選

 

1.パッケージ製品・他社製品の導入がメインの会社

 自社や他社(有名・無名問わず)を問わず、何かしらの製品、つまり出来合いのものを導入しているだけの会社は、あなたのキャリアの最初にはふさわしくありません。こういった商社的な会社・部署は意外と多いので注意です。

 

出来合いの物を導入するだけでは、一般的なIT知識・技術を身に付けることができません。身に付くのはその製品の知識のみです。それは専門性でいえば営業と変わりません(営業の武器は口と頭であって、製品知識ではありませんが)。

 

こういった会社は意外とホワイト度でいえば悪くないかもしれません。しかし、考えてみてください。その会社の事業が立ち行かなくなった時、あなたはどうしますか?あなたは技術を身に付けたかったはずではありませんか。僕が言いたいのはそれだけです。

 

十分な知識・技術を備えたキャリア中盤以降であれば、それまでの知識も活かせて、よい選択肢の一つとなるかもしれませんが、序盤のキャリアでは避けた方が絶対に良いでしょう。

 

2.SIer系多重下請け(最下層寄り)

 しばしば土方と揶揄される業態の会社です。下請けの下請けのまたまた下請けの下請け、なんてことも。こういった業態に入ると、全てにおいて劣悪な労働環境故に精神を病む可能性があります。決して入ってはなりません。

 

なお、コーディング等の経験は詰めるかもしれません。しかしSIerという業態故に、あなたがやるのは意味不明な詳細設計通りに文字を打ち込むことであったり、仕様も見当たらないぐちゃぐちゃなスパゲッティーコードを何とか解読して、それを改修する作業だったりします。プログラミング、というほど創造的な仕事ではありません。

 

IT業界は今、非常に人材需要の高い業界です。あなたが入れるもっと良い会社は絶対にあるはずです。つまらない会社でつまらない時間を過ごすのは、物凄く勿体ないことです。焦らず、自信を持って、より良い会社を目指してください。

 

3.ガラ携向け開発などのマイナー分野がメインの会社

 今の時代、携帯機器はスマートデバイスがシェアの大部分を占めています。ガラ携はいずれほぼ絶滅するでしょう。同様に、マイナーなデバイスや分野でしか使えない技術を身に着けるのは、得策ではありません。

 

最近では逆に、ガラ携向け開発などのマイナー分野に手を出せる人が減っていることもあり、一時的に需要が伸びている所も確かにありますが、やはり将来的なことを考えると不利であるといわざるを得ません。

 

また、VB6やCOBOLといった非常に古い言語で開発している企業についても、出来る限り避けるべきです。何か物凄いこだわりがあるわけではないのなら、まずは今メジャーな分野で経験を積むべきでしょう。

 

将来のことを考えて、一社目は慎重に

 総括です。1社目というのは非常に重要です。何故ならそこで詰めた経験に応じて、次の行き先が決まってくるからです(僕は非常に後悔しました)。経験の濃さに関わらず、年齢だけは一定の勢いで積みあがっていくとを忘れてはなりません。

 

未経験からの1社目ということで、えり好みは難しいとは思いますが、上記で示した企業だけは何としても避けてください。その上で、会社の雰囲気や給与などを踏まえて考えてみてください。

 

なお、ソフトウェアにせよインフラにせよ、少なくとも入社1~数年は末端のプログラミングや構築経験の出来る会社を選ぶべきです。その後のキャリアに対する考え方は人によって変わってきますが、そういった末端の経験は一生の糧になります。

 

1社目は慎重に。今はIT技術者の需要が非情に高いチャンスの時期です(ぶっちゃけ大したことなくてもいい会社に入れます)。すぐに決まって喜んでも焦らずに、先方がどんなことをやっているのかしっかりと確認をして、納得してから入社してください。

 

自分の市場価値を知ることも大切なので、まずは転職エージェントの方とお話しするのもアリです。よかったら↓のアフェリ広告からどうぞ。面談は無料ですし、エージェントさんは美人が多いのでお話しするだけで楽しいですよ。

 

というのは冗談(実際に美人さんが多いです!)で、自分の価値を客観的に知れるというのは安心感につながりますよね。僕も面倒で渋っていましたが、今思うと早く行っておけばよかったです。だから本気でお勧めします。