ああムジョ―

かのした といいます。農学部からのIT業界。作ったWebアプリの紹介とか、IT転職のこととか、将来どうやってお金を得ていくかとか、そんなことを記事にしていきます。

ちなみにTwitterやってます↓

Webアプリ・サービスの開発を続けるコツ

f:id:zyohnbike:20170713234101p:plain

こんばんは。かのしたです。

 

個人Webアプリ開発を続けるコツを書いていきます。なお、今のところ副業収入0円ですし、我ながら大したものを作っていないので、うわざっこwwwwって思われて当然だと思いますし、しょぼいのもわかってて書きます。

 

僕は今までWebアプリを、今公開している【俺のITブックマーク】、こちらも鋭意制作中ですが、それ以外に1つ完成、1つ制作中です。

 

1つ完成ということですが、もう公開はしていません。というのも、スクレイピングによるエ〇サイトだからです(笑)もういいかな、と。クオリティも低いし、アクセス数もあまりなかったので・・・。制作中の物は、社内SNS的なもので、いわゆる Who know what を実現するためのアプリです。社内のどこにどんなスキルを持った人がいるのか明確化するものです。

 

さて、そんな感じで、プログラミングを初めて1年と少しですが、結構色々作れています。おかげで、仕事ではやらないプログラミングも、最低限は出来るようになった気がします。

 

なぜ僕はWebアプリを作るのか

 周りを見ていると、僕よりもかなり優秀な方でも自作で作品を作るということをする人は少ないです。仕事では所謂上流工程を担当する方が多い会社なので、そもそも家でプログラミングをする人自体少ないのですが・・・。

 

じゃあなぜ僕はWebアプリを作るのか?それは日課だからです。もともとは結構打算的で、今後Web技術はITエンジニアとして必須だし、手を動かせる奴はなんだかんだ強いと思って始めました。

 

今はIT開発の現場でもどんどん効率が上がっている時代ですよね。ERPパッケージのカスタマイズ性(多様性というよりも簡易性)が高まったり、プログラムの自動生成だったり、今後はAIもそうですね。

 

そうなると、プログラミング技術がいらなくなるのでは?と考える方もいますが、僕は逆だと思っています。PGとしての仕事が短くなるのなら、たとえばSEであれば、要件定義からPGまで全部できてしまう人が出てくるのでは?と思うわけです。

 

なので、サクッと作れる人はやはり強いと思います。また、いわゆるWEBサービス開発のような現場でも、手を動かしてプロトタイプをサクッと作れる人が重宝されますよね。単純に考えて、手を動かせる奴は強い。と思います。

 

とはいえ、今となっては日課になっています。毎日帰ってきて1, 2時間コーディングするのが当たり前です。最初は全く知識が無いので辛いですが、慣れてくれば結構すらすらとコーディングできるようになって、楽しくなってきます。

 

モチベーションの保ち方

 とにかく自分にとってのメリットを洗い出すことです。そして俺すげえwwwwと思うこと。

 ・ITスキルアップでもっと上にいけるぞ、俺すげえ

 ・こんなもの作ったら有名になれるかも、俺すげえ

 ・もしかしたら副業収入得られるかも、俺すげえ

とかこんな感じです。周りに嫌がられなければ、Twitterとかで、おれすっげwwwwwって感じのツイートでもして自己顕示するのもいいかと思います。

 

基本的にこのスタンスで行くのですが、時折嫌になるときがきます。人間だもの。プログラミングって創作活動ですから、やっぱダメなときはダメです。そういう時は、IT業界であれば、基礎を勉強することをお勧めします。

 

基礎というのはネットワーク、データベース、OSなどなど・・・。学問寄りの知識ともいえます。こういったものに関する書籍を適当に買ってきて、とにかく読む。そこまで集中しなくてもいいです。へえ~って感じで軽く読みます。

 

そうやってパラパラ読んでると、「これ、あの時の!」って感じでプログラミングをしたときに呪文的に扱っていた部分が理解できたりします。処理の内容を呪文ではなく、具体的なイメージに描きやすくなるんですね。

 

また、前提知識が増えることで、コーディング中のググり時間が減って、ストレスを抑えられますし、思いつくアイデアの範囲も広がります。人間、使える知識で何とかしようとしてしまう生き物なので、使える知識が増えないと、なかなか新しいチャレンジができません。

 

知識が増えるとアイデアの範囲が広がり、ワクワクが増えるわけです。そうなるとまた創作意欲が高まります!知識も増えて一石二鳥!永久機関ですね!

 

いい趣味だと思います

 僕はITについてはもうほぼ趣味であり日課になっています。Herokuなんかを使えばお金も電気代くらいで元手がかからないですから経済的に優しい。

 

まあ個人的には、結構Herokuは限界があると思っていて、細かいことやりだすと、VPSサーバーとか借りた方が色々都合がいいです。要はLinuxコマンド弄ったりとか、Apacheチューニングしたりとか必要になるので。

 

それに、「本格的にサーバーを運用した」という箔と技術が付きますから、転職に有利だそうですね。ひとまず今作っている 俺のITブックマーク がひと段落着いたら、VPSサーバーを借りてまた違うアプリを開発しようと思います。今度は会員制の物を作ります。

 

というわけで、もしかしたら一発当てられるかも・・・、技術が付いてもっと上の会社へ・・・、努力が認められて転職しやすく・・・

 

まずはそんなそんな野望を持って、ぜひIT業界へチャレンジしてみてください。

 

そんな中「俺のITブックマーク」始動!

 基礎を勉強しよう!と思っても、何していいかわからないですよね。僕も最初はよくわかりませんでした。なので、ITの勉強始めたばかりで右も左もわからない人が、ひとまず覚えておけば後々役立つような情報をまとめるサイトあったらいいなあと思ったわけです。そう、それが

 

俺のITブックマーク!!!!!!!

 

です。はい、宣伝でした。まあまだすんごいしょぼいですが、機能強化していくんで、ぜひ使ってみてください。

 

かのした